タダリスはシアリスのジェネリックです。

セックスのときに立たなくなってしまったり、中折れしてしまったときは、EDの症状が出ているものと思われます。
EDは年齢的なものが原因で起こることも多いので、大半の方は仕方がないと諦めてしまうようです。
しかし、バイアグラの発売以降、現在は数多くのED治療薬が販売されています。
日本ではまだまだ流通してはいませんが、海外では当たり前のように売られているので、海外医薬品の輸入代行サイトを利用すれば簡単にED治療薬が手に入ります。
ただ、いざ買うとなると、ED治療薬はたくさんあって迷ってしまうと思います。

相性があるので、使いながら判断するのが一番良いのですが、オススメはと聞かれたら、私は迷わずタダリスSXを推します。
タダリスSXは日本で3番目に認可されたシアリスのジェネリック医薬品です。
製造販売しているのはインド大手のAjanta Pharma という製薬会社です。

1973年に設立され、2000年に上場した企業で、医薬品を25ヶ国以上で販売しています。
バイアグラのジェネリックで有名なカマグラも製造販売しているので、ED治療薬に関してもそれなりの実績があるようです。
タダリスSXの有効成分はタダラフィルというもので、シアリスとまったく同じです。
なので、効果や使用法、それに副作用なども非常に良く似ています。
特長としては、バイアグラやレビトラよりも大幅に長い持続時間があげられます。
その長さは最長で36時間ということですから、1日半は効果が持続することになります。
また、レビトラほどではありませんが、食事の影響を受けないので非常に使いやすいです。
よほど脂っこい食事や強いアルコールを摂取しない限りは大丈夫です。
ですから、旅行などの際にも使えますし、週末にのみ使うような方にとっては、もっとも適しているED治療薬だと思います。

副作用は、火照り、目の充血、頭痛とったところでしょうか。
ゆるやかに効果を発揮するタイプのED治療なので、副作用が少ない点はシアリスと同じで使用者にはありがたいメリットです。
ここまで書くと、シアリスとタダリスSXはまったく同じのように思われるかもしれませんが、特許などの問題で製造方法は違います。
その点だけは注意して購入してください。

もちろん、多くの人が利用しているので、効果や安全性に関しては、それほど心配する必要はないと思います。
少なくとも信頼できる輸入代行業者を通して、きちんとしたチェック体制をクリアした正規品さえ手に入れられれば、安心して服用できるはずです。
また、ジェネリック医薬品ということで、価格的には大変リーズナブルになっています。

細かい価格は輸入代行業者によって異なりますが、大体シアリスの4分の1くらいが、もっとも安い価格帯の相場だと思います。
もし、気になるようでしたら、大手の海外医薬品の輸入代行サイトで、レビューを読んでみると様々な感想が読めるので参考になります。

タダリスの情報はこちらのサイトで

程度は違えど、日本人男性の8割以上が抱えているのが勃起不全の症状です。
ED治療薬であるシアリスを用いることで性行為を行う時の助けにはなりますが、シアリスは価格の高さがネックですよね・・・。
そこで多くの方が利用するのがシアリスの代用であるタダリスです。
シアリスとほぼ同じとはいえ、基本的な知識くらいは身に着けて利用したい方は下記のサイトをご覧ください⇒タダリスについて
知識を得てから安全に服薬していくことをおすすめします。

Comments are closed.